【Arduino自作ドローン】No.2 フレームの設計製作編

ドローン製作記のメインページ 【完全自作】Arduinoを使用した自作ドローンの製作記(完成)


前回は,ドローンの基本設計を行いました.
今回は,ドローンのフレームの設計と製作を行っていきたいと思います.


  • フレームの設計

フレームの設計には,SolidWorksというCADを使用しました.
基本的に,アルミ板とアルミパイプのみを使用して加工を簡単にしました.また,中心のフレームは非常に強固に作ることで,アームから壊れ,中心のフレームは絶対壊れないようにしました.

対角線の距離は350mmとメジャーなサイズにしました.


  • フレームの製作

フレームの製作には,主に,レーザー加工機とワイヤー放電加工機,フライス盤を使用しました.

 

アーム部分のアルミは3mmを使用したので,レーザー加工機を使用しました.




 

また,中心のフレームは5mmで厚く,レーザー加工機では切断できないので,ワイヤー放電加工機で切断しました.

そして,アーム固定部分の穴あけは,フライス盤を使用しました.

そして,最後にタップ仕上げをして加工は完了です.




 


  • フレームの組み立て

モーターを固定し,アームの裏面にパワーディストリビューションボードとESCを固定しました.

上下フレームをアルミパイプとボルトで固定してフレーム組み立ては完了です.

 

【Arduinoドローン】No.3 モーター駆動編(PWM)




 

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。